即日融資のキャッシングならコチラ!

即日融資のキャッシングをお探しの方!!こちらがおすすめです。

残価設定ローンをオススメされることがあるけどお得なの?

自動車の購入を考えているときに、支払いの相談をしているとディーラーで残価設定ローンというのを勧められたという方もいると思います。

マイカーローンは知っているけれど、残価設定ローンというのは分からずに、何だろうと疑問に思う方もいるかもしれません。

最近、新車を購入するときに勧められる「残クレ」といわれる残価設定型ローンについて紹介していきたいと思います。

残価設定ローンというのは、「残価設定型クレジット」ともいわれており、ディーラーなどでは、「残クレ」と呼ばれていたりもします。

通常のローンは、自動車を購入する総額を借り入れするというものですが、残価設定ローンは、ローン開始から一定期間が経った時点での購入した自動車の価値を設定しておいて、購入額からその価値の分だけ差し引いた金額でローンを組むというものです。

ローンの設定期間は、1回目の車検か2回目の車検が基本となっているので、3~5年であることが多いです。

例を挙げて説明していくと、150万円の軽自動車の購入をするとして、購入から3年間で残価設定ローンを組もうとする場合です。

購入する軽自動車の3年後の価値が58万円だと判断されたら、残りの92万円分を3年間(36回払い)で支払っていくこととなります。

5年の場合は、3年後よりも価値が下がるため、38万円だと判断されたら、残りの117万円を60回で支払っていくようになります。

ここで、疑問に思うのが、ローンの支払いを終えたときに購入した自動車はどうしたらいいの?ということだと思います。

残価設定ローンの支払いの後、どうしていくかということについては、3通り選択肢があります。

1つ目は、残価設定ローンの支払いが終わったので、その車から次の新車へ乗り換えるというものです。

次の車も残価設定ローンで購入することも可能であるため、3年や5年のスパンで新しい車に乗り換えたいという方は、支払いが終わった時点で乗り換えるといいと思います。

2つ目は、購入した自動車を返却するという方法です。

次の車に乗り換えることやその車に乗り続けることを考えていない場合は、支払いが終わったらディーラーに車を返却するという方法を選ぶことも可能です。

3つ目は、そのまま乗り続けるというものです。

そのまま乗り続ける場合は、一定期間の分しか支払いをしていないので、残りの分を現金一括で支払うか新たにローンを組んで残価分を支払うかしなくてはいけません。

この残価設定ローンのメリットとしては、月々の支払い料金が抑えられることや買い取り額が保証されていること、車検費用が必要ないという場合もあるなどがあります。

短いスパンで乗り換えを考えている方や支払いを抑えたいという方にとっては、残価設定ローンはとてもいいものだと思います。

しかし、メリットだけではなくデメリットもあるので、知っておきましょう。

残価設定ローンのデメリットは、支払総額が高くなるということ、購入時や使用の仕方に条件がついてくること、100%自分の車にならないこと、買い取り時に利息が生じることなどがあります。

自動車を自分のものとしたい場合や3年や5年ではなく、もっと長く乗り続けたいと考えているような場合には、残価設定ローンを組んでしまうとデメリットの方が大きくなってしまう可能性があります。

自分がどのように自動車を所有したいのかということをよく考えて、メリット・デメリットの両方を見極めた上で、残価設定ローンを組むかどうかを決めるといいと思います。

残価設定ローンについて紹介してきましたが、残価設定ローンの仕組みについて分かっていただけましたか。

これから車の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Updated: 2018年8月18日 — 11:58 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

即日融資のキャッシングならコチラ! © 2018 Frontier Theme